バラの庭をデザインする

バラの庭。育てる場所が広くても狭くてもそれなりに楽しみたいですね。
レイアウトや植木鉢を置くスペース、どこにつるをはわせようか、などと考えていると
時間がたつのも忘れてしまいます。
ここでは主に狭くてもバラで庭がどんなに魅力的になるか紹介します。

バラの庭をデザインする

バラの台風対策。被害を小さくする前準備と通過後のケア

バラの台風対策は 作業は危険を伴うこともあるので気象情報を把握しながら行います。 通過前からできるだけ余裕を持ってのぞみ無理はしないこと。 バラの台風対策は通過後のケアも含んでいます。 少なからず枝葉にダメージがあるので対処法もお伝えしますね。
バラの庭をデザインする

フェンスのDIYはバラを利用。目隠し効果やトゲで防犯も?

フェンスのDIYをしてバラをはわせて目隠し。プライバシーを守り まわりの景観をよくする意味でもいいアイデアだといえます。 必ずしもフェンスをDIYの必要もなくバラの配置の仕方で 外からの視線をさえぎることもできるんです。 トゲが防犯の期待もできる?
バラの庭をデザインする

狭い庭を薔薇でデザインする。つると木立とシュラブの魅せ技

狭い庭に薔薇を植えるのはムリでも鉢植えで育てる方法があるんです。 限られたスペースでも上手にレイアウトすると驚くほどたくさんの花が楽しめます。 窮屈なくスッキリとまとめたデザインなら 狭い庭でも薔薇はいきいきですよ~ きっと絶景にであえるはず。
バラの庭をデザインする

バラの庭。狭さを忘れさせる3つのルールで奥深い空間を作る

バラの庭としては狭くって気後れしてしまう… 日差しが少ない小さなスペース、つるバラはあこがれるけど 植えられない。このようなことも3つのルールで克服できると思います。 バラいっぱいの庭、狭くても魅力的にプロデュースして 奥深い空間を作りませんか?
バラの庭をデザインする

バラの強風対策。日常的に吹く強い風にそなえる方法とは?

バラの強風対策をしたい。倒れた鉢植えにダメージがあるのか? 日常的に風が強く吹く場所での栽培は大変ですが 美観をそこなわずできることもあります。 バラの強風対策は天気予報も利用します。 数値化された風力や風速も参考にして 取りくみましょう。