バラの土、環境を整備してきれいに咲かそう

バラの土はきれいな花を咲かせる重要な要素です。
栄養は根によって吸い上げられなければなりません。
健全に育つためには地植えでも鉢植えでも株元がぐらついたり水はけが悪かったりなどの
ストレスを与えないようにバラの土を上手につくっていきましょう。

バラの土、環境を整備してきれいに咲かそう

バラ栽培の用土。安心安全&低コストで品質良しの配合とは?

バラ栽培で用土つくりはきれいな花を咲かせるための重要な作業。 市販の専用培養土を使うとすべてが配合されれていて簡単で万全。 だけどもその分、予算オーバーでつらいことも。 クオリティをキープしてお財布にも優しいバラ栽培のための用土の配合を提案します。
バラの土、環境を整備してきれいに咲かそう

バラの室内栽培はムリ?育ちの基本3つをクリアできるかが鍵

バラを室内栽培してみたい。育てているとそう思うことがあります。 よい香りを放つからよけいです。生育の基本の3条件を しっかり確実にクリアできるかどうかが鍵なんです。 バラで室内栽培ができる品種があるかどうか。 ココらへんをさぐってみましょう。
バラの土、環境を整備してきれいに咲かそう

バラは地植えと鉢植えのどっち?3つの視点で考えてみると…

バラは地植えと鉢植えのどちらで育てればいいのか? 庭に植えるスペースがあると悩んでしまいます。 3つの視点で考えて自分の場合に当てはめるとなんとなく答えがでてきそうです。 バラは地植えか鉢植えか、理想のバラ園を目指して決めていけばいいと思います。
バラの土、環境を整備してきれいに咲かそう

バラの地植えのメリット。水やりなしで育つにはコツがある。

バラを地植えにするメリットは水やりをしなくても育つということ。 たくさん花をつけ枝葉を伸ばすのに必要な水は自然から取り入れている。 だけど、そうするにはちょっとしたコツがあるんです。 バラの地植えのメリットに感謝しつつ少しだけお世話を楽にしましょう
バラの土、環境を整備してきれいに咲かそう

バラにも連作障害が起こる?原因や症状、防ぐための対策とは

バラにも連作障害が起こるって、ご存知ですか? どんなときにそうなるか、原因はなにか前もって知っておくと防げます。 事前に植えつけする環境を作る必要があるので、計画的にするといいですね。 バラに連作障害がでないようにするために、ひと手間かけましょう。